2014年09月08日

「イメージの力」で夢を現実に変える海外添乗員&編集者 file.52(後編)

添乗中2.png

☆前編はこちらから☆

ーー中村さんの発信力や、人の心を惹きつける投稿の秘訣について
ぜひ知りたいと思っていました。
後でインタビュー番外編としてぜひお話聴かせてください。(※番外編は別記事にて)
旅行会社での海外添乗員と海外旅行情報誌の編集者という進路を選ばれた理由は何でしたか。

中村:世界を見たいという気持ちと、書くことを仕事にしたいという2つの想いがありました。
今の仕事は、その両方が叶えられるユニークな選択肢でした。
大変なこともありますが、海外に行ける添乗員の仕事は魅力的です。
また、旅行情報誌の編集では、世界各地を訪れる添乗員たちが執筆した文章を校正したり、
自らその国や街の魅力について記事を書いたりしています。

ーーまさに大好きな「書くこと」を仕事にされていて、
普段どんなことを感じていますか。

中村:毎日のように、訪れたい街が増えていきます。
また、地理や歴史の知識が日々蓄積されていくので、
日本にいても外国人観光客との些細な会話の中で役立ちます。
マイナーな街の名前なんかを知っていると、
「なぜそんなに詳しいの?」と喜んでくれ、距離が縮まるんですよ。
特に地理の知識は、世界中の人と仲良くなるための「一生ものの財産」だと思っています。
あとは、日々書き続けるなかで、「伝える力」がついてきたなという実感があります。
60〜80代の方も多く読む雑誌のため、
「きちんとした言葉遣いで、中身のある文章を書く」ということを心がけています。
「大は小を兼ねる」じゃないですが、大人が楽しめる文章を書けるようになれば、
若い人向けの文章を書くときにもその経験が生きるだろうなと思います。

添乗中1.png

ーーでは、海外添乗員をしていて感じることを教えてください。

中村:コミュニケーションの力が磨かれる仕事だとつくづく感じます。
色々なお客様と接するなかで、ひとつひとつの発言に対して
、「この発言にはどんな意図が込められているのだろう」と考えるようになりました。
直接話しているときはいつもニコニコしていて、
「中村さん、本当にお世話になりました。とても楽しい旅だったわ」と話されたお客様が、
帰国後のアンケートで、自分に対する不満をたくさん並べられていて、驚いたことがありました。
人って、相手に不満を感じていても、面と向かって伝えることはなかなかできないんです。
でもお客様の不満やご要望にすぐに気付き、現場で対応ができれば、こうした事態は防げます。
それを察するヒントは、会話や仕草の中に必ず隠されているはずなので、よく観察し、
「これはまずい」と感じたらすぐにフォローすることを心がけるようになりました。

編集と添乗は全く別の仕事なので、成長できる部分は幅広いです。
書くことや編集することは、本質をわかりやすく伝える力が磨かれますし、
添乗員の仕事では教養が身につくほか、コミュニケーション力や注意力が身につきます。

ーー今後はどんな構想を描いていらっしゃるのでしょう。

中村:やりたいことは色々ありますが、二番煎じは嫌なので、
あまり人がやっていないことにチャレンジしたいですね。
また、個人としては「人のプラットフォーム」になりたいというのが長期的な目標です。
色んなジャンルの人とのつながりを創り、
異分野の人同士を結びつけることで、新たな価値を生み出せたら嬉しいですね。
様々な分野の人たちと関係性を築くためにも、幅広い教養を身につけていきたいと考えています。
あとは、そのときどきで興味を持ったことにひたむきに挑戦する姿を発信して、
周囲の人たちが面白さや感動を見出してくれたら本望です。

☆☆☆☆☆

中村さんの真摯さや熟慮深さ、
そして好奇心に裏付けられた行動力に圧倒されるインタビューだった。

一つの経験から非常に多くのものを感じ取り学び取られる方なのだと感じた。
これまで人生を支えてきてくれた数々の本のエッセンスを、
彼の経験と紐付けて熟成させてきたからこそ、
彼の引き出しには数多の「活きた知恵」が埋蔵されているのだろう。

イメージの力を味方にして
和太鼓演奏や自転車での西ヨーロッパ一周の旅などの偉業を成し遂げていく。
この話は、夢に向けて邁進する人たちにぜひ伝えたいと思う。

発信力の秘訣については、今後番外編のインタビューで
もっと掘り下げし、このブログでも紹介していこうと思う。
彼の宝箱の中身は無尽蔵にあるのだから。
posted by メイリー at 21:56| インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

「イメージの力」で夢を現実に変える海外添乗員&編集者 file.52(前編)

自転車旅.png

中村洋太さん。
海外旅行情報誌の編集者と海外添乗員として活躍している。
学生時代に横須賀から鹿児島への自転車の旅、ヨーロッパ11都市での和太鼓演奏を行う。
そして、大学4年生の夏、スポンサーを集めて自転車で西ヨーロッパ一周の旅を実現させる。
現在は「20代若者のための週末課外授業」という、
若者が楽しみながら教養を身につけていくためのコミュニティーを主催。
Facebookやブログでの発信を非常に大切にされており、
彼の誠実さと洞察力の深さがにじみ出た文章に、多くのファンがいる。
彼の好奇心旺盛さと行動力、そして人をつなげていく底知れない力の背景には何があるのだろう?
そんな思いからインタビューを申し込んだ。

☆☆☆☆☆

ーー小中学生の頃はどんな子でしたか?

中村洋太さん(以下敬称略):小学生の頃から活発な少年だったと思います。
サッカーをしたり、あてもなく町をぶらぶらしたり。
でも親の知り合いなどからは、「礼儀正しい子」とよく言われました。
母が地元のフリーペーパーを配達する仕事をしていたので、
小さい頃は大量のフリーペーパーと一緒に車の後ろに乗せられて、配達の手伝いなんかもしました。
たくさんの大人と接するなかで、自然と礼儀正しさが身についたのだと思います。
父は少し真面目で硬い性格でしたが、母は割と自由に好きなことをさせてくれました。
兄が二人いてそれぞれ12歳、9歳離れているのですが、
彼らから受けた影響が大きかったです。
長男は音楽が好きで大学時代オーケストラをやっていたのに対し、
次男は陸上が好きで大学時代まで長距離ランナーとして活躍しました。
ぼくはその頃まだ小学生です。
音楽とスポーツ、両極端の世界に小さい頃から親しめたことが
現在の自分のベースになっていると思います。
子ども時代.png

ーータイプの異なる二人のお兄様から吸収されていったのですね。
高校時代はどんな風に過ごされていたのですか。

中村:高校1年生の夏に、自転車の世界に魅せられました。
テレビでツール・ド・フランス(23日間でフランスを一周する自転車レース)を見て、
1日に200kmもの距離を走る選手たちに驚きを隠せませんでした。
すぐに市内の道路地図を引っ張り出して、自宅と高校の距離を調べたら、約15kmだったんです。
この距離ならぼくでも走れるかもしれないと思い、自転車での通学に挑戦してみました。
でも、自転車でそんなに長い距離を走ったことがなかったから、
どれくらい時間がかかるかわからない。
1時間半?いや2時間くらいかかるかも?と、本気で思っていました。
遅刻だけはしたくなかったですから、朝6時半に家を出て、必死でママチャリを漕ぎました。
最初から最後まで、立ち漕ぎでした。
高校に着いて、腕時計を見てみると、たったの45分で到着していました。
「え、電車で行くより早いじゃん」って。
この出来事は、ぼくにとってターニングポイントのひとつになりました。
「やったことのないものに対する人間の予想や想像が、いかにあてにならないものか」
というのを実感したんです。
ぼくはそれ以来、実際に体験したり自分の目で確かめたりしていないことについては、
断言できなくなりました。
あとは次男の影響もあり、高校時代からランニングが趣味になりました。

ーー今も出社前に皇居ランをされているそうですが、学生時代から走ることが好きだったのですね。

中村:そうですね。純粋に走ることが好きなのですが、何か考え事をしたいときとか、
悩みがあったときに走ることが多かったです。
一人になれる時間は大切ですし、何かストレスがあっても体を動かして汗をかくことで発散していました。
それに、走った後って必ず前向きになれるんですよ。
実は、大学2、3年生の頃までは、些細な悩み事すら友達に相談できない不器用な人間でした。
悩みや弱さをさらけ出したら、人に嫌われてしまうのではないか、という恐れを持っていたんです。
でも、悩みを溜めてしまうと精神面だけでなく、身体にも悪い影響が出ます。
だから、走ることでストレスを発散していたんです。
今はあまり抱え込まず人に相談することも大切だと思っていますが、
自分の力だけで耐え抜いた時期があったからこそ、
一度や二度の失敗では諦めないメンタルの強さや、
逆境を前向きに捉える力が得られたのだと思います。

ーー現在は編集者として「書くこと」を仕事にされていますが、
意外にも早稲田大学では創造理工学部だったのですね。

中村:小さい頃から数学が得意で、高校1年生の時に読んだ
『フェルマーの最終定理』という本に感動して、
本気で数学者を目指していた時期もありました。
大学では土木の学科に入ったものの、入学してすぐに
「なぜ土木を選んでしまったのだろう?」と呆然とするほど、
この学問に興味が持てませんでした。
だから、決して自慢できる話ではないのですが、授業中はほとんど本を読んでいました。
好きなのは司馬遼太郎や村上春樹の小説でした。
中でも司馬遼太郎の『燃えよ剣』に登場する新選組副長・土方歳三が放ったセリフに、
授業中一人で震え上がっていたことは、今でも忘れられません。

「男の一生というものは、美しさを作るためのものだ」というセリフです。
それ以来、「美しさの追求」が、ぼくの人生のテーマになっています。
本からの影響は他にもたくさんあります。
登山家の植村直己さんの『青春を山に賭けて』や、
指揮者の小澤征爾さんの『ボクの音楽武者修行』を読んで、
時間やお金のなさを言い訳にせず、海外へ飛び出した彼らの姿に背中を押されました。
大学時代に本から受けた影響は多大なものです。

ーー大学時代は、オーケストラサークルの一員として欧州11都市で和太鼓演奏をされたとのこと。
その経緯を教えていただけますか。

中村:長男が学生時代に「早稲田大学交響楽団」というオーケストラサークルに所属していたので、
どんなサークルなんだろうと思い、大学入学後にリハーサルを見学しに行きました。
そのとき、目の前で聴いた生演奏に大きな感動を覚えました。
「え、これが本当に学生の演奏なの?こんなに上手いの?」って。
それで、何か新しいことに挑戦してみたいという気持ちも手伝って、
初心者でオーボエを始めることになりました。
周りは経験者ばかりだったので、少しでも差を縮めるために毎日練習に明け暮れました。
そしてぼくが2年生になる直前に、サークルの全体集会の中で
「1年後に、ヨーロッパで和太鼓を叩きたい人はいませんか?」という募集があったんです。
実はこのサークルでは3年に一度、1カ月弱のヨーロッパ演奏旅行というものを行っていて、
次回の演奏旅行がちょうど1年後に控えていました。
もちろんクラシック音楽に和太鼓はありませんが、
コンサートプログラムの最後に日本人が作曲した
『和太鼓とオーケストラのための協奏曲』と『八木節』を演奏するというのが、
この演奏旅行の恒例行事でした。
ヨーロッパの人々は、日本文化に強い関心を示します。

「ヨーロッパで和太鼓を叩くなんて、かっこいいじゃん」という単純な気持ちで立候補しましたが、
正直なところ、「もう辞めたい」と何度も思いながら毎日練習をしていました。
先輩たちが上手なうえに、厳しかった。
でも、1年後の公演が控えているからもちろんやめられません。
ですが、ベルリンで2000人以上の観客の前で演奏し、
ブラボーの嵐と満員のスタンディングオベーションを受けたときの感動は、何物にも代えがたいものでした。
頑張ってよかった、辞めないでよかった、と心の中で泣いていました。

和太鼓.png
ーー達成につながった原動力は何でしたか?

中村:きっと、大舞台で拍手をもらい、魂がうち震える瞬間の映像をイメージできたことでしょうね。
ぼくは自分が想像できたことなら必ず実現できると思っているんです。

ーー「イメージの力」ですか。
自転車で西ヨーロッパを一周するためにスポンサー集めていたときも同じように?

中村:そうですね。自分が西ヨーロッパを走り切ってゴール地点に辿り着いたときの達成感や、
みんなから「おめでとう」と言われている場面を
克明に思い浮かべていました。
ヨーロッパで走りたい場所の写真と、自分が自転車に乗っている写真を、
コルクボードに貼り付けて撮影し、それを携帯の待ち受け画面にしていました。
毎日携帯を開くたびにその写真を見て、「夢を実現させた姿」を潜在意識に組み込むようにしたんです。
どうしても実現したいことをイメージすれば、
胸が震えるような感動がこみ上げてくるので、やらずにはいられなくなります。
「実現したらいいなぁ」という願望では夢は叶わないので、旅をする期間を具体的にして、
「実現するもの」と決めて行動を続けていました。

最近はよく早朝の皇居の写真を撮って、
Facebookで「早朝皇居ランしました。気持ちいい」というコメントとともに投稿しているのですが、
毎日のように続けていたら、それを見てくれた人から
「私も一緒に走りたいです」と連絡がくるようになりました。
これもひとつの「イメージの力」だと思っています。
「早朝に皇居を走る=気持ちいい」というイメージを、友人たちの潜在意識に刷り込むんです(笑)
自分が良いと感じたものを、周りに広めていければいいなと思っています。

☆後編はこちら☆
posted by メイリー at 20:30| インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

音楽の力で夢を現実に変えていくシンガーソングライター file.51(後編)

IMG_9610.jpg

☆前編はこちらから☆

ーーキラキラした生き方ですか。
具体的にどんなところを尊敬しているのか教えていただけますか。

畑中:人の成長にコミットしているところです。
「まわりの人が生き生き過ごせるように」という夢をもたれていて。
そういう夢を語る人は多くいますが、
現実を見据えて、夢を行動に変えている姿が素晴らしいなと思っています。

ーーみどりさんが心惹かれる人の共通点ってありますか。

畑中:想いに行動が伴っている人ですかね。
理想論で片づける人には惹かれない。
どうすれば夢が実現できるのかを分析して行動に移している人に魅力を感じます。
あとは、謙虚さと感謝の気持ちがある人。
「周りで支えてくれている人」に思いを馳せられる人というか。
芯の通った目標に向けてローカルなところから行動している人に尊敬の気持ちを抱きます。
一番尊敬しているのは、東北で瓦礫撤去を毎日やっている方です。
仲間が撤去に参加しなくなっても一人で続けていて、
今はゴミを浜辺でとっているんです。
私がボランティアに行ったときに泊まれる場所の手配をしてくれるけれど、
自分はテントで寝るなど、自分の利益を省みない。
「あなたのことを尊敬している」と伝えても「ただのホームレスだよ」と謙遜される。
こういう人にスポットがあたりづらい世の中ですが、誰よりも尊敬しています。

ーー謙虚さと感謝の気持ちですか…。
東北にボランティア行ってチャリティーコンサートを開いたり
カンボジアで音楽イベントを開くためにクラウドファンディングをされたりと、
その行動力やバイタリティーはどこから湧いてくるのでしょう?

畑中:どれも究極的には「自分がやりたいから」に尽きると思います。
東北のボランティアも、東北の雰囲気が好きになったからというのがあります。
東北に行くと精神が安定するので、一時期は毎月行っていたほど。
輪音の活動も、やりたいという気持ちに素直に従っているといえます。
あとは、曲を書く人にありがちな悩みかもしれませんが、
自分の薄っぺらさにコンプレックスを感じていることも、行動につながっているのだと思います。
もっと色んな世界にふれて、自分の感覚を研ぎ澄ましていこうという気持ちに後押しされる。
東北に行けばある種の衝撃が自分の中に残るだろうという思いが最初ありましたね。

ーー東南アジア青年の船に応募したのは?

畑中:これも途上国に行って、自分の目で現地を見たいという理由からです。
もちろん、微力ながらも、途上国で音楽の楽しさを広めたいという気持ちもあります。
ですがそれ以上に、途上国に行くことで目が見開かれ、
心が豊かになれるのではという思いがあります。

ーー自分の幅を広げて深めていくという視点で
「途上国」に興味をもったのは何か理由があるのでしょうか。

畑中:輪音の活動で東北の被災地や全国の老人ホームを訪れるうちに
貧困やホームレスの問題に興味をもったんです。
私の家がそこまで裕福ではないこともあり、
桁違いに貧しい地域の現状を見てみたいという気持ちにつながったんだと思います。
貧しい故に教育の機会が得られないという問題は日本でも世界でもある。
私、おじいちゃんやおばあちゃんともすぐ仲良くなれるんですが、
社会的に弱い立場とされている人たちに心惹かれるのかもしれません。

ーー大阪の釜ヶ崎に最近行かれたとのことですが、どんな風に感じました?

畑中:あったかい街というのが感想です。
ホームレスの問題を知るだけでなく、人との付き合い方の本質にふれることができました。
週1の特掃(特別清掃)の仕事で食いつないでいる人がいて、
5,000円で1週間過ごさなくてはいけないのに、稼いだお金をそのまま仲間との飲み会に使うし、
困っている人がいたらほっとかない。
ある意味、人間らしいというかあったかいなって思ったんです。
むしろ他の地域の人間関係が希薄なのではと感じます。

ーーみどりさんの感性はどんな風に磨かれているのでしょう。

畑中:自分では感性はまだまだこれから磨かなきゃ…と課題に思っています。
だからこそ、どこか新しい場所に訪れるにしても、情報にふれるにしても、
「何かを感じ取ろう、得よう」というアンテナをたてるよう心掛けています。
感性が研ぎ澄まされている人は
物事に対して共感するだけでなく批判的に見ることができているので、
私もそういう判断の眼を養いたいと思っています。

ーーこれまでお話を伺ってきて、「音楽で社会貢献」というみどりさんの想いが
いっそう強く伝わってきました。
「音楽で社会貢献」という道に舵を切ろうという決定打はありましたか。

畑中:2012年10月に開催された輪音の初チャリティーコンサートで、
「心にすとんと落ちる感覚」を味わったのです。
バンド時代には、楽しい反面「何のために音楽をやってるんだろう?」という疑問がずっとつきまとっていて、
チャリティーのときは、自分なりの答えというか意義が見えた瞬間でした。
観客がその場で泣いているのを見て、
「あぁ、私はクオリティーの高い音楽を目指すことよりも、
自分の武器を使って仲間とともに、誰かのためになる音楽を創りたいんだ」と気づいたんです。
音楽の力って計り知れないほど大きい。
例えば、瓦礫撤去に誘っても参加者を集めるのは難しかったのですが、
輪音を立ち上げてからは、「音楽」というキーワードに惹かれて東北に行く人が増えました。
エンターテイメント性によって、人の協力を得やすくし、
社会問題の解決につなげるなど、音楽を活かす道はたくさんあると感じています。

midorisan2.jpg

ーーこれからも音楽を仕事にしていきたいとお考えですか?

畑中:そうですね。音楽で社会に価値を生み出す方法を模索しているところです。
例えば、ビジネスとして、老人ホームでの音楽プログラムの企画を行っている
ミュージックファシリテーターの事業が存在します。
こうした事業に複数関わっていきたいと思っています。
ライフワークとして続けていきたいのは、「即興で歌を創る」こと。
他の人があまりできない強みを活かせますし。
人と話をして、夢や悩み、思いを曲にして、その音源を渡すというサービスができないかなと思っています。
たとえ、ネガティブな言葉を吐き出していたとしても、
そこから前向きな音楽を紡ぎ出せたら、「自分の悩みからこんなものを生み出せたんだ」と
肯定的にとらえられるのでは?と思うんです。
ラジオと並行して、路上で即興作詞作曲をするなど、どんどん夢を形にしていきたいですね。

☆☆☆☆☆

スカイプのインタビューなのに、お日様のような笑顔が目を閉じると浮かんでくる。
「一度聴いた音楽をすぐに再現できる」という天賦の才と、
曲作りや音楽で表現することへの愛が、あとからあとから湧き出していく。
泉のような人。

彼女のハートウォーミングな魅力は彼女の紡ぎ出す曲に乗って、
被災地、貧困の地域、そして途上国へと伝わっていくのだろう。
「音楽って楽しい」
そんな純粋な気持ちが、苦境にある人たちの心も溶かしていくのではないだろうか。

「思いをカタチにしていく」ことへの強いこだわりが、
人々の胸を打ち、彼女の応援者を増やしていくのだと思う。

秋には新たな挑戦を始める彼女のキラキラした生き様を
今後もずっと見守っていきたい。
ラジオだけでなく、いつか生で彼女の歌声を聴ける日を楽しみにしながら。
posted by メイリー at 22:24| インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする